大阪府豊中市エリアのマンション売却が注目される理由とは?|お役立ち情報|大阪府の不動産会社「不動産売却サポート関西」|お役立ち情報・最新トピックス

お役立ち情報・最新トピックス

blog大阪府豊中市エリアのマンション売却が注目される理由とは?

不動産売却サポート関西株式会社は、大阪府を拠点に不動産売却を手がけている会社です。
最近、大阪府内で住みやすい街として豊中市が注目され、なかでも豊中市の庄内エリアが人気となっています。
なぜ豊中市が選ばれるのかを探りながら、新築マンションや中古マンションの供給状況、メリットやデメリットについてご説明します。
豊中市でマンション売却をご検討中の方はぜひご参考にしてください。

 

1. 最近のマンション事情

私たちは、新型コロナウイルスの影響から生活スタイルが大きく変化しました。2020年には感染症対策として緊急事態宣言が発令され自宅での窮屈な生活を余儀なくされた方もいるのではないでしょうか?

会社ではテレワークが推奨され多くの方が自宅で仕事をするようになり、学校や学習塾ではオンライン学習が急速に導入されパソコンやタブレットを使う遠隔学習が一般的になりました。

その結果、不動産業界ではオフィスや店舗などが必要なくなり縮小や撤退が続くようになります。さらに働き方改革などによってテレワークは進み、通勤をする必要がなくなった人々は「都心部から郊外へ住み替える」「子育て支援や自然環境が充実している地域に住む」といった自由な住まい選びが新しく生まれたのです。

このような背景から住宅販売は好調です。とくにマンション価格はどれも上昇傾向で、新築マンションも中古マンションも需要が高まっています。

2. 注目エリアの大阪府豊中市とは?

ここ数年、新築マンションが相次いで販売されている注目エリアがあります。それは大阪市のベッドタウンとして栄えている「豊中市」です。まずは、豊中市の特徴からみていきましょう。

基本情報

豊中市は大阪府の北部に位置しており、周辺には「大阪市」「吹田市」「尼崎市」「伊丹市」「池田市」「箕面市」があります。

豊中市は大阪府内で人口が多い市のひとつで、2012年4月に中核市になりました。市内は、オフィスや商業施設があり大阪や梅田へのアクセスも抜群で、単身者やファミリー層から住宅地として選ばれています。

交通

豊中市には「北大阪急行」「大阪モノレール」「阪急バス」が市内を走り、梅田駅や新大阪駅などターミナル駅へのアクセスもスムーズです。また、豊中市の北西部には「大阪国際空港」があり、全国各地に移動できます。さらに、車での移動もしやすく大阪中央環状線や中国自動車道といった道路も通っています。

商業施設

千里中央駅にある「千里阪急」をはじめ、豊中市内には家電量販店やショッピングセンターなどの商業施設があり、そのなかにはオシャレなカフェやレストランなどの飲食店が多数あります。

最近では、豊中市庄内駅近くに「イオンタウン豊中庄内」が開店しまして、ますます便利な地域となっています。

教育

市内には、大阪大学や大阪音楽大学のキャンパスのほか、子育て支援センター、小学校、中学校も充実しています。また、豊中市では「ESD=Education for Sustainable Development(持続発展可能な社会のための教育)」を掲げ、国際教育に力を入れている地域です。
令和5年4月には豊中市で初の中間一貫校「さくら学園」が開校し、今後ますます教育に力を入れていく地域だと考えられます。

環境

大きな公園から小さな公園まで緑豊かな町並みも豊中市の特徴です。服部緑地という有名な公園もあり、地域の方々の憩いの場として子育て世代のファミリー層も気軽にアウトドアができるといった特徴もあります。
また、コンサートやイベントを行う「豊中市立文化芸術センター」など文化施設もあり、小さな子どもからお年寄りまで市民の憩いの場となっています。

3. 大阪府豊中市のマンションが人気の理由

  • 最寄りとなる駅が点在し交通利便性が良好
  • スーパーや大型ショッピングセンターが多く買い物に便利
  • 学校や病院などインフラが整っている
  • 自然環境が良く、小さな子どもが遊べる
  • 今後も再開発が進み、街の発展が見込まれるエリア

 

大阪や梅田への交通利便性の良さと子育てのしやすさから豊中市はファミリー層に人気があります。また、豊中市は自然が多く落ち着いた雰囲気があり、梅田や難波の賑やかで元気な雰囲気とは違った良さがあるのも魅力です。

豊中市全体のマンションの購入意欲が高まっているだけでなく、最近では、豊中市の南部にある庄内エリアに、豊中市では初の中高一貫校「さくら学園」が令和5年4月に開校し、さらには「イオンタウン豊中庄内」が開店したことから、「庄内エリア」の土地や戸建ての購入意欲もますます高まってくる考えられます。

4. 新築マンションのメリット・デメリット

豊中市内には新築マンションが次々に販売されていますが、新築マンションにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

新築マンションのメリットは、新しい生活様式に対応した間取や設備があらかじめ備わっていることです。コロナ禍が長引くなかで、共有部に仕事用スペースがあるといったマンションも増えています。

一方のデメリットは、価格の高騰です。人材不足や材料不足などの影響から新築マンションは値上がりしています。また、新築マンションは100戸や150戸というような販売方法のため特定の場所に人気が集中しやすく、自分の好きな場所を選べないこともあります。

5. 中古マンションのメリット・デメリット

「新築マンションは高くてちょっと……。」という方には中古マンションもおすすめです。中古マンションのメリットとデメリットについてもみていきましょう。

中古マンションのメリットは、なんといっても手頃な価格で自分の好きな場所を選べることです。ある程度エリアを決めてマンションを探せば、新築マンションより中古マンションの方が自分好みの場所が見つかりやすいでしょう。

一方のデメリットは、築年数が10年、20年と過ぎると全体的な設備が古くなることです。外壁やエントランスなどはメンテナンスが必要となり、毎月支払う修繕積立金が高い場合もあります。事前に、大規模な修繕工事があるのか、修繕積立金に変更がないかなど確認すると良いでしょう。

6. 信頼できる不動産会社を選ぶポイント

現在、住んでいるマンションを売却して、その資金で新しいマンションを購入しようと計画している方もいるでしょう。不動産会社に売却を依頼するなら、まずは信頼できる不動産会社か、見極める必要があります。事前に複数の不動産会社に訪問してみて自分との相性を確かめましょう。

専門的な知識があるか?

査定額の根拠を説明してくれたり、住宅ローンや税金をアドバイスしてくれたり、十分な知識のある不動産会社を選びましょう。

プロとしての自覚があるか?

マンションの購入や住み替えは、一生に数回しかない大イベントです。後悔せずに不動産取引できるように、不動産のプロとして寄り添いながらサポートしてくれるかどうか、確かめましょう。

7. まとめ

大阪府豊中市を中心に中古マンションや新築マンション、今後人気が出てくるであろう庄内エリアについてみてきましたがいかがでしたか?
もともと住みやすいと人気の豊中市ですが、庄内エリアには「イオンタウン豊中庄内」が開店するなど、豊中市全体のマンション売買だけでなく土地や戸建ての売買が盛り上がる可能性も考えられます。

マンションは快適に暮らすこともできますが、いざというとき手放すこともできる資産です。マンションの周辺環境や施設が充実していると資産価値は落ちにくいため、豊中市はマンションを売るにも買うにも良いエリアといえるでしょう。

マンション売却をご検討の方は不動産売却サポート関西株式会社にご相談ください。
当社独自の情報網を活用してお客様をサポートさせていただきます。

監修者情報
監修者情報

不動産売却サポート関西株式会社

代表取締役 本田 憲司

contact

お問い合わせ

〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町3-3-16 OWL瓦町ビル3階

0120-061-067 営業時間:10:00~19:00 
定休日:火・水曜日

Copyright © 2023 不動産売却サポート.
All Rights Reserved.
トップに戻る