机上査定と訪問査定ってどう違うの?|大阪府の不動産会社「不動産売却サポート関西」|お役立ち情報・最新トピックス

住宅業界応援プロジェクト公式アンバサダー 竹原慎ニ 住宅業界
応援プロジェクト
公式アンバサダー 
竹原慎二

大阪市中央区瓦町3-3-16 OWL瓦町ビル3階 0120-061-067

採用情報

無料相談・査定依頼

お役立ち情報・最新トピックス

blog机上査定と訪問査定ってどう違うの?

  • 机上査定と訪問査定ってどう違うの?
  • 机上査定と訪問査定ってどう違うの?

不動産売却サポート関西で主に広報を担当しています、宮本です!

今回は、ご売却時に、ご所有不動産の価値を正確に知りたい方は必読!【机上査定と訪問査定について】ご案内いたします。

 

机上査定はあくまでも目安となります。

ご所有不動産の価値は訪問査定でしっかりと見極めます‼

机上査定時に、ご提示させていただく机上査定額につきましては、近隣エリアでの同等条件の中古物件売出事例などを基に

機械的に算出しています。ただし、成約想定額や売出価格についてのご提案は、実際の建物共用部や室内状況を確認し、

物件の良さ(加点)、悪さ(減点)を見つけ、適切な金額のご提示をさせていただきます。

下記に当社が訪問査定時に確認する内容を一部まとめましたので、皆様のご参考になれば幸いです。

・周辺の売出物件との比較

・設備仕様の価値はどうか?

・室内のリフォーム状況確認

・ルーフバルコニーの付加価値をプラス  など…

その他には…

・角住戸なのか?中住戸なのか?

一般的に角住戸の価格設定については、中住戸と比べると5%~10% 程度の価格差が付きます。

同じ階、同じ広さの中住戸が3,000 万円であれば、角住戸は3,300 万円が妥当な価格設定と言えます。

・建物の老朽具合など確認

特に一戸建ての売却については、建物の老朽化がどこまで進んでいるか、見極めたうえで、売却を開始することが大切です。

外壁や屋根の補修や室内リフォームに、いくら掛かるのか?を把握し逆算することで適正な価格設定が可能になります。

調査では特に雨漏れ有無や傾きが無いか等、重点的に確認をします。

・ローン控除は利用できるのか?

所得税や住民税が還付されるローン控除には築後25 年以内といった制限があります。

ただし、インスペクション(建物診断)を実施することや、長期修繕計画がしっかりと組まれている

良好な管理が出来ている物件では、築25 年以上経過している物件でもローン控除が適用されます。

税金還付の有る無しは、売出価格を考慮する上で重要なポイントとなります。

 

訪問査定時にしっかりと見極め、一人一人にあった最善のご提案させていただきます。

訪問査定のご依頼を心よりお待ちしております。

 

大阪市・堺市を中心に、関西全域で不動産売却専門に日々活動をしております。

相続相談や空き家の買取、離婚や住み替え、任意売却など、お気軽にご相談ください。

———————————————————————
不動産売却サポート関西株式会社
大阪府大阪市中央区瓦町3-3-16
OWL瓦町ビル3階
電話番号 : 0120-061-067
担当:宮本
———————————————————————

監修者情報
監修者情報

不動産売却サポート関西株式会社

代表取締役 本田 憲司

contact

お問い合わせ

〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町3-3-16 OWL瓦町ビル3階

0120-061-067 営業時間:10:00~19:00 
定休日:火・水曜日

Copyright © 2023 不動産売却サポート.
All Rights Reserved.
トップに戻る