豊中市で不動産売却したい方必見!豊中市の魅力と地価を解説

豊中市で不動産売却したい方必見!豊中市の魅力と地価を解説

「豊中市」は、大阪市内で働く方を中心に、住む街としての魅力を感じていただきやすいエリアです。
梅田までの好アクセス、生活を豊かにする大型商業施設の充実など、「豊中市」には不動産売却をするうえでアピールできるポイントが多くあります。
今回は豊中市をはじめ、吹田市、堺市、大阪市内などの人気エリアで不動産売却の実績を誇る弊社が、豊中市の売り時について解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

豊中市には不動産売却でアピールできる評判の大型商業施設が点在

豊中市には不動産売却でアピールできる評判の大型商業施設が点在

不動産売却において人気となるエリアには、暮らしやすさを支える魅力が備わっています。
大阪府の北部に位置する豊中市は、適度に都市機能が発達しており、駅前に大型商業施設が点在していることは購入層が魅力を感じるポイントとなるでしょう。
まずは、不動産売却をするときに、豊中市のアピールポイントにできる大型商業施設を解説します。

暮らしをグレードアップする「イオンSENRITO専門館」

豊中市の主要駅のひとつである「千里中央駅」からすぐの場所にある大型商業施設が、「イオンSENRITO専門館」です。
大阪北急行の駅からも、大阪モノレールの駅からも、歩いて約1分という好立地の買い物スポットです。
駅前にたたずむ落ち着いた外観の「SENRITOよみうり」の一部が、「イオンSENRITO専門館」となっています。
35店舗ほどの専門店が集結した大型商業施設で、周辺から車で訪れ、買い物を楽しむ方も多くいらっしゃいます。
イオンSENRITO専門館の1階には、スーパーマーケットの「KOHYO」やドラッグストアが入っており、毎日の暮らしに必要なものがスムーズに揃います。
2階から4階にも、「無印良品」や書店、お洒落な雑貨店、人気のファストファッションブランド、カフェやスイーツのお店などが軒を連ねています。
連日、豊中市民が多く訪れ、買い物を楽しむ姿が見られるスポットです。
また、イオンSENRITO専門館は2017年にオープンした大型商業施設とあって、比較的新しいところも魅力といえます。
豊中で暮らす方からも、「駅から近い新しいモールで、若い層も利用しやすい」といった声を聞きます。
不動産売却をする際にも、豊中市のアピールポイントにできる大型商業施設です。

千里中央を代表する大型商業施設「せんちゅうパル」

千里中央駅周辺には、ほかにも買い物スポットが充実しています。
なかでも、代表的な存在が「せんちゅうパル」です。
せんちゅうパルは、北大阪急行「千里中央駅」の地下改札駅に直結したショッピングモールで、約160店舗もの多彩な専門店を利用することができます。
大阪モノレールの駅からも、歩いてすぐです。
地下1階から地上4階までの各フロアのなかには、ファストフードやカフェ、居酒屋などのグルメから、ドラッグストア、コンビニエンスストア、歯医者や郵便局などが並んでいます。
さらに、せんちゅうパルの周囲には、大型の電気量販店や百貨店、南側にはイオンSENRITO専門館が位置しています。
そのためショッピングの目的に応じた買い回りがしやすく、日常的に豊中市の利便性の高さを感じやすいでしょう。
さまざまな買い物や、休日のショッピングを身近で楽しみたいファミリー層に対して、豊中市は不動産売却しやすいでしょう。

豊中駅直結で雨の日の買い物も便利な「エトレとよなか」

阪急宝塚線の「豊中駅」の駅前にも、地域の方に親しまれる大型商業施設の「エトレとよなか」があります。
エトレとよなかを利用する方からは、「スーパーマーケットやいろいろな専門店が入っていて楽しい」「雨の日も濡れずにいけるから便利でうれしい」と、地域での人気の高さがうかがえる口コミを聞きます。
そんなエトレとよなかでは、ファッションや雑貨店、飲食店など、約40の専門店が利用可能です。
エトレとよなかをはじめ、複合施設ならではの利便性はもちろん、地域の方に親しまれる楽しさを兼ね備えた大型商業施設が多くあることは、豊中市を不動産売却するうえで好材料となるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

豊中市の「豊中駅」周辺は子育て世代に不動産売却しやすいエリア

豊中市の「豊中駅」周辺は子育て世代に不動産売却しやすいエリア

豊中市内は買い物の利便性が高いエリアです。
不動産売却する際には、ターゲット層に対して、ほかにも交通アクセスの良さや住みやすい街の雰囲気などが、マイホームを購入するメリットとして訴求できます。
ここでは、豊中市を代表する駅の「豊中駅」にスポットを当てて、街の特徴を解説します。

特徴①豊中駅周辺の住みやすさ

豊中駅は、豊中市を代表する主要駅のひとつです。
乗り入れ路線は、阪急宝塚本線となります。
マイホームの購入層も、豊中市がある北摂エリアに対して、住みやすさをイメージする方が多いでしょう。
そんな豊中市のなかでも、豊中駅周辺は、生活利便施設が整っていることが特徴のひとつです。
スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの商業施設が揃っており、前の章でご紹介したエトレとよなかも駅前にあります。
また、幼稚園から小学校、中学校、さらに学習塾などの教育施設も充実しています。
豊中駅周辺で暮らす方の口コミもご紹介しましょう。
「治安が良いし、駅周辺の住民の質も良いと思う」
「子育て世代が多く暮らす街。学区も評判が良く、引っ越してくる方も多い」
このように、実際に暮らす方が実感されていることから、豊中駅周辺は子育て世代やファミリー層に向けて不動産売却しやすいエリアといえそうです。
安心して暮らせる治安や、充実した教育環境などが、ターゲット層となる子育てファミリーにとって大きな魅力となるでしょう。

特徴②豊中駅から周辺へのアクセスの良さ

豊中駅エリアを不動産売却するときには、大阪梅田駅へダイレクトにアクセスできる点もアピールポイントとなります。
阪急宝塚線で、キタの中心地へ直結しています。
大阪梅田駅から乗り換えをすれば、大阪市内各所にも好アクセスです。
オフィス外の淀屋橋駅や本町駅なども30分圏内です。
大阪市内で働くファミリー層に向け、豊中市はベッドタウンとしておすすめできます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

豊中市の地価を解説!不動産売却のタイミングを探る

豊中市の地価を解説!不動産売却のタイミングを探る

豊中市には、買い物の利便性、アクセスの良さ、さらに子育て世代が魅力を感じやすい教育環境や治安の良さも備わっていることがわかりました。
不動産売却をしやすい特徴が、豊中市には数多く備わっています。
それでは、豊中市で不動産を売り出すタイミングは、どのように考えるのが良いのでしょうか。
ここでは豊中市の地価をヒントに、不動産売却に適したタイミングを探っていきます。

豊中市の地価情報

  • 地価総平均 24万6,252円/㎡
  • 坪単価 81万4,058円/坪
  • 変動率 0.14%上昇

※上記の数字は豊中市の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
※参考://tochidai.info/osaka/toyonaka/
豊中市の地価の変動率に着目してみると、2014年以降、堅調に上昇が続いています。
コロナ禍で地価が下落することもなく、上昇傾向にあることからも、豊中市が高い評価を得ているエリアと捉えられるでしょう。
一方で、周辺エリアとの地価相場を比較してみると、豊中市は大阪市淀川区や尼崎市などと比べてリーズナブルといえそうです。
豊中市は、もともとベッドタウンとしての高い価値を備えているエリアです。
周辺エリアと比べて、豊中市をお買い得として目をつけたターゲット層が、早めに購入するケースもあるでしょう。
不動産売却を検討しているのであれば、動き出すのに良いタイミングといえるかもしれません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却において、豊中市の利便性や地価について解説しました。
豊中市は、マイホームの購入層にとっても魅力的なエリアです。
不動産売却サポート関西(株)では豊中市はもちろん、吹田市、堺市、大阪市内の不動産査定やご相談もお受けしております。
売却する時期に悩まれている方など、ぜひお気軽にご相談ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-061-067

営業時間
午前10時~午後19時
定休日
火曜日 水曜日

売却査定

お問い合わせ