不動産売却でリフォームは必要?メリット・デメリットや早く売る方法を解説

2021-11-28

不動産売却でリフォームは必要?メリット・デメリットや早く売る方法を解説

「中古物件だから売れるか心配」「不動産を売却したいが、リフォームをしたほうが良いのか?」とお悩みではございませんか?
住宅を売る場合は見た目も大切になってきますが、基本的にはリフォームはせずに売り出すことをおすすめします。
ただし状況にもよるため、今回はご自宅の売却前にリフォームをする場合のメリット・デメリット、リフォームが必要なケースとそれ以外の方法についてご紹介します。
豊中市、吹田市、堺市、大阪市を中心に大阪エリアで不動産売却をご検討中の方は、ぜひご最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームは不要!?メリット・デメリットは?

不動産売却でリフォームは不要!?メリット・デメリットは?

ご自宅の売却を検討する際に、築年数が経っていて建物や設備が古いと、「リフォームをした方が良いのか?」とお悩みになりますよね。
たしかに、リフォームがされたきれいな見た目の物件のほうが、買い手に好印象を与えることができます
しかし、リフォームには当然費用もかかるうえに、必ずしも早く売れたり高い値段で売れたりするわけではありませんので不要とも言えます。
ここでは、リフォームをすることによるメリットとデメリット(不要な理由)を解説します。

リフォームをするメリット

不動産を売却する際に、リフォームをすると、買い手の購入につながるような以下のようなメリットが挙げられます。

  • 買い手に好印象を与えられる
  • 買い手が早く引っ越せる
  • 買い手がローンを組みやすくなる

リフォームがされた物件は、購入希望者が内覧に来た際に、好印象を与えることができるほか、住むイメージがつきやすく購入の後押しになるでしょう。
また、リフォーム済みのきれいな建物であれば、買い手がすぐに引っ越すことができるため、急ぎで物件を探している方に売りやすくなります。
購入後に修繕が不要な物件であれば、買い手にとってローンが組みやすくなるでしょう。

リフォームをするデメリット

一方で、リフォームをするデメリットは以下のとおりです。

  • 費用がかかり、売却価格へ上乗せすることも難しい
  • 買い手の好みから外れるリスクがある
  • 工事中は売却ができない

リフォームの費用は、工事をおこなう範囲にもよりますが、数十万円~数百万円程度かかる場合があります。
リフォームにかかった費用分を売却価格に上乗せできれば良いのですが、売買市場の相場を考えると、競合物件よりも売り出し価格が高くなってしまうので、得策ではありません。
中古物件は、立地や売却価格を基準に物件を探している買主が多いからです。
また、リフォームをしたことによって買い手の好みから外れる可能性もあります。
中古物件については、自分好みにリフォームをしたいといった買い手側のニーズも多くみられます。
そして、物件によってはリフォーム工事が数か月かかる場合もあります。
工事中は売却活動ができないため、早く不動産を売却したいといった売主にとっては、デメリットと言えるでしょう。

弊社が選ばれる理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームが必要なケースとは?

不動産売却でリフォームが必要なケースとは?

冒頭でも述べたように、基本的には不動産売却の際にリフォームをすることはおすすめしませんが、「どうしても売れない物件」については、リフォームが必要なケースもあります。
リフォームが必要な中古物件の特徴は以下のとおりです。

  • 重要な設備が壊れている
  • 見た目の印象があまりにもよろしくない

重要な設備とは、「キッチン」「バスルーム」「トイレ」といった水回りの設備になります。
水回りは、買い手がとくに気にする箇所のため、壊れたままでは売るのが難しくなります。
また、見た目の印象的にも水回りにカビがあるのは良くないでしょう。
壁や障子に穴があいていたり、部屋が想像以上に汚れていた場合も、購入検討者に嫌がられる要因になります。

どのタイミングでリフォームが必要?

不動産の売却期間は、一般的に数か月~半年かかります。
売却をする物件の広告を出して、内覧は入るけど購入まで至らない場合は、実際に見たお部屋の印象が悪いことが原因の可能性があるでしょう。
売り出してから半年以上経っても売れないといった場合は、リフォームを検討したほうが良いと言えます。
とはいえ、リフォームには多額の費用がかかるケースもあるため、ご自身で判断するのは、難しいかと思います。
豊中市、吹田市、堺市、大阪市を中心に大阪エリアで不動産売却をご検討中の方は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

どんな場所のリフォームが必要?

前述のとおり、水回りなどの重要な設備は、壊れている場合はリフォームが必要となるでしょう。
具体的には、「バスルーム」「トイレ」「キッチン」は購入希望者がもっとも気になる箇所となります。
ただし、水回りのリフォームは費用が高額になりやすいので、慎重に検討しましょう。

弊社が選ばれる理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォーム以外に早く売る方法とは?

不動産売却でリフォーム以外に早く売る方法とは?

不動産を売却する際には、リフォーム以外にも物件を早く売る方法が以下のとおり3つあります。

  • 最低限のお手入れ
  • インスペクションをおこなう
  • 更地にする

最低限のお手入れ

外壁の色や畳、塀など、目立つ部分が劣化している場合は、買い手からの印象が良くないため修繕したほうが良いでしょう。
その場合、全面的なリフォームではなく、「簡易修繕」であれば費用を抑えられます。
たとえば、費用の相場として、外壁の補修であれば3000円~5000円/㎡程度、堀の修繕であれば1.3万円~2万円/㎡程度、壁紙の張替であれば1000円/㎡程度で済みます。
また、ハウスクリーニングで室内の印象を良くするといった手もあるでしょう。
とくに、「キッチン」「バスルーム」「トイレ」などの水回りは入念に掃除をすることで、購入希望者に好印象を与えられます。
ハウスクリーニングであれば、リフォームをするよりも費用を安く抑えることができるでしょう。
一戸建ての庭付き物件の場合は、お庭が手入れされているかどうかも購入希望者の印象を左右するので大切です。

インスペクションをおこなう

「インスペクション」とは、住宅診断士などが第三者的な立場で、建物の劣化具合や欠陥がないかどうかを調べ、修繕や改修が必要な箇所を客観的にアドバイスすることを言います。
主に見る場所としては、「柱」「壁」などの建物の安全性に関連する箇所、「屋根」「天井」など雨漏りや水漏れが発生しているかどうか、「給水管」「換気ダクト」などの設備配管です。
中古物件の買い手は、建物に欠陥や不具合がないかどうかをとても気にする方が多い傾向にあります。
そのため、ホームインスペクションによってプロの診断がされた中古物件は、診断がされていない中古物件に比べて売れやすくなりますよ。
また、診断結果によっては売却の条件も良くなり、高値での売却も期待できるでしょう。
とくに築年数が経っている住宅を売却する際は、ホームインスペクションをおこなうことで、売却後の物件の不具合によるトラブル防止にも役立ちます。

更地にする

古い家で空き家となっている場合は、解体して更地にしてから売るという方法もあります。
古い家を解体することで、空き家の管理の手間が省け、土地を探している買い手に狙いを定めて、売却活動がおこなえます。
ただし、解体費用がかかったり固定資産税が高くなるといったデメリットもあります。
売却価格についても、好条件で売れる場合もあれば、逆に売りづらくなる可能性もあるため、判断が難しいところでしょう。
更地にして売り出すにも、大切なポイントがあるため、豊中市、吹田市、堺市、大阪市を中心に大阪エリアで不動産売却をご検討中の方は、ぜひお気軽に弊社までご相談ください。

弊社が選ばれる理由|お客様の声

まとめ

今回は、不動産を売却する際にリフォームが必要かどうかについて、そのメリット・デメリットと、リフォーム以外の方法について解説しました。
基本的には、不動産の売却前にリフォームをすることはおすすめしませんが、ご自身で判断するのは難しいところかと思います。
「売却前にリフォームが必要かどうか」は、査定依頼の際にでも、ぜひお気軽に弊社までご相談ください
豊中市、吹田市、堺市、大阪市を中心に大阪エリアで不動産売却をご検討中の方は、「不動産売却サポート関西(株)」のホームページより、無料査定依頼をご利用いただけます。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-061-067

営業時間
午前10時~午後19時
定休日
火曜日 水曜日

売却査定

お問い合わせ