不動産売却における注意点とは?「契約時・売却時」のポイントも解説

2021-09-14

不動産売却における注意点とは?「契約時・売却時」のポイントも解説

土地や建物を売却するときは、損をしないための注意点を理解しておかねばなりません。
注意すべきことを理解できていないと、売却価格が大きく下がる、望んでいた期間に手放せないなど、さまざまなデメリットが生じます。
本記事では、不動産売却における「契約・離婚時の売却・方法などに関する注意点」について解説しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における契約の注意点

不動産売却には、仲介と買取という2つの契約方法があります。
どちらを選ぶかにより、売却が完了するまでの期間や、トータルでの金額が変化するため注意しましょう。
仲介は、不動産会社に買主を探してもらう手法です。
相場に近い価格で売却できる可能性が高い反面、買い手がなかなか見つからないリスクもあります。
買取は、不動産会社が直接買主となり買い取ってくれる手法です。
スピーディーな売却と現金化が実現しますが、金額は市場相場よりも低くなりがちです。

この記事も読まれています|大阪で不動産を売却するときに発生する費用の種類とは?目安を押さえよう

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における売却方法の注意点

主に仲介で売却するときには、注意点があるので覚えておきましょう。
不動産会社へ仲介を依頼するときは、媒介契約を交わします。
媒介契約にもいくつかの種類があり、それぞれに特徴があるのです。
専属専任媒介契約は、特定の1社に依頼する手法です。
特定の不動産会社1社と契約するため、積極的に広告をおこない高い確率で買い主を探してもらえる、状況の報告頻度が他の契約に比べて高いため売主が状況を把握しやすいという点がメリットです。
ただ、基本的に不動産会社を介さず買主を見つけて自分で契約できない、契約した場合違約金が発生する可能性がある点には注意が必要です。
専任媒介契約も、1社のみに探してもらう手法ですが、自分で買主を見つけることも可能です。
一般媒介契約は、複数の不動産会社に依頼でき、自分でも買主を見つけられます。
ただ、業務実施報告の義務がなく、専属でもないため、買主探しに時間がかかる可能性があります。

この記事も読まれています|大阪で不動産を売却するときに発生する費用の種類とは?目安を押さえよう

\お気軽にご相談ください!/

離婚で不動産売却をするときの注意点

離婚で不動産売却するときの注意点としては、正式に手続きが終わったあとに売却することが挙げられます。
戸籍を分ける前に売却し、その売ったお金を分配する場合贈与とみなされ贈与税が発生する可能性があります。
しかし、戸籍を分けたあと、離婚が原因で不動産を売却し財産を分配することが証明できる場合には、財産分与の扱いとなり贈与税が発生しません。
物件が共有名義の場合、双方の合意が必要であることも覚えておきましょう。
2人の名義で登記しているのなら、片方が売りたいといっても売れないのです。
事前にきちんと話し合いをしておくことで、スムーズな売却が可能です。

この記事も読まれています|大阪で不動産を売却するときに発生する費用の種類とは?目安を押さえよう

まとめ

土地の売却においては、さまざまな注意点があることを理解しておきましょう。
本記事でお伝えしたとおり、仲介と買取では、売却スピードも売れたときの金額も大きく異なります。
どちらが優れているといった話ではなく、状況や希望にマッチした手法を選ぶことが何より大切です。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-061-067

営業時間
午前10時~午後19時
定休日
火曜日 水曜日

売却査定

お問い合わせ