大阪市で不動産売却するときに知っておきたい一連の流れと準備しておくもの

2021-09-07

大阪市で不動産売却するときに知っておきたい一連の流れと準備しておくもの

この記事のハイライト
●不動産を売却するなら専任系の媒介契約がおすすめ
●売却活動では内見を成功させることがポイント
●すでに空き家になっているならホームステージングも検討する

不動産を売却するときには、売却を決めてから買主に引き渡すまでの一連の流れを押さえておくとスムーズに進められます。
今回の記事では、大阪市で不動産売却をご検討中の方に向けて、売却の流れを媒介契約までと引き渡しまでの2つに分けて解説します。
売却する際に準備しておきたいこともご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてくださいね!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における不動産会社と媒介契約するまでの流れ

不動産売却における不動産会社と媒介契約するまでの流れ

まずは不動産を売却する際の、不動産会社と媒介契約するまでの流れを見てみましょう。

物件のあるエリアの相場を調べよう

不動産の売却を検討するときには、いきなり不動産会社を訪問するのではなく、まずは物件のあるエリアのおおよその相場をチェックすることから始めます。
相場を調べる方法としては、

  • エリア内の不動産会社に貼りだされている物件情報をチェックする
  • インターネット上の物件情報を確認する

の2つの方法があります。
売却する予定の土地や家と似た条件の物件が、いくらぐらいで売りに出されているのかを調べておくと、不動産会社の査定金額が妥当なものか判断するのに役立ちます。

不動産会社に査定を依頼しよう

相場を把握したら、不動産会社に査定を依頼します。
物件情報だけで査定金額を出してもらう机上査定もありますが、正確な査定金額を知るためには訪問査定を受ける必要があります。
訪問査定では、物件そのものの状況だけではなく、日当たりや周辺の環境などもあわせてチェックしたうえで査定金額を出すことが特徴です。
不動産売却は、長ければ半年以上も時間をかけて進めるものなので、パートナーとなる不動産会社選びは重要です。
多少査定金額が安くても、信頼関係を結べると感じたところに任せることをおすすめします。
なお不動産売却サポート関西(株)でも大阪市内の物件の机上査定・訪問査定をおこなっていますので、お気軽にご相談してください。

不動産会社と媒介契約を結ぼう

査定金額に納得し、信頼できる不動産会社が見つかれば、媒介契約を結びます。
不動産会社と結ぶ媒介契約には、以下の3種類があります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

専属専任媒介契約は、3つの媒介契約のなかでは一番条件が厳しく、1社としか契約が結べないうえ自分で買主を見つけても、不動産会社を通して取引することが義務づけられています。
しかし不動産会社には1週間に1回以上の売却活動の報告義務が課せられていて、熱心な活動が期待できます。
専任媒介契約も同様に1社としか契約を結べませんが、自分で買主を見つけても問題ありません。
また売却活動の報告は、2週間に1回以上とされています。
一般媒介契約は、複数社と契約を結べますが、売却活動の報告義務はありません。
そのため立地条件がよくない、建物の状態が悪いなど、販売しにくい物件だと、熱心に売却活動に取り組んでもらえない可能性があります。
長い売却活動の期間を二人三脚で進んでいきたいと考えるなら、専任系の媒介契約を結ぶのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の売却活動から物件引き渡しまでの流れ

不動産売却の売却活動から物件引き渡しまでの流れ

続けて媒介契約を結んだあとの売却活動、そして物件引き渡しまでの流れをご紹介します。

不動産会社と売却活動をおこなう

媒介契約を結んだら、不動産会社は売却活動をスタートさせます。
売却活動には以下のようなものがあります。
不動産会社のリストから購入希望者を探してもらう
まずは、不動産会社が持っている不動産の購入を希望している顧客リストから、該当者がいないかを調べてもらいます。
リストのなかから該当者が見つかれば、販売活動に時間と手間をかける必要がなくなり、早期に売却活動を終えられる可能性があります。
インターネットや新聞広告・チラシで広く購入希望者を探す
顧客リストから興味を示す人が見つからなければ、インターネットや新聞広告・チラシなどで広く購入希望者を探します。
新聞広告やチラシを配布するのには費用がかかりますが、売却活動をおこなうための広告費は不動産会社が負担するのが一般的です。
ただし大手新聞への広告を希望するといった、特別な広告に関しては、売主に支払い義務が生じる場合もあります。
その場合は、事前に説明があるので安心してください。
担当者と販売方法を相談する
専任系の媒介契約を結んだ場合には、1週間に1回もしくは2週間に1回、売却活動の報告がなされます。
問い合わせや内見希望者が少ない場合には、どのような原因が考えられるのか確認しましょう。
場合によっては、オープンハウスや値下げを検討する必要もあるかもしれません。
売却までにどれくらい期間をかけられるのか、いくらまで値下げできるのか、あらかじめ考えておくといいでしょう。

買主と売買契約を結ぶ

買主が見つかったら、売買契約を結びます。
売買契約書の内容はよく確認し、不明点はすべて解消してから署名・捺印することが大切です。
この時点で売却金額の5~10%程度の手付金をもらい受け、仲介手数料の半額を支払うのが一般的です。

物件を引き渡して売却活動を終える

買主の住宅ローンの手続きなどがすんだら、残金の支払いと抵当権抹消登記、所有権移転登記を同時におこないます。
鍵を引き渡したら、売却活動は終了です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の一連の流れにおいて準備すべきこととは?

不動産売却の一連の流れにおいて準備すべきこととは?

不動産売却の一連の流れでもっとも重要なのは、内見時にいい印象を持ってもらうことです。
物件の魅力を引き出すためにも、以下の準備をおこないましょう。

室内のクリーニングは入念におこなう

物件の印象をよくするためには、まずは入念に掃除をすることが大切です。
最終的に購入を決めるのは主婦だといわれており、とくに水回りは厳しくチェックされると考えておきましょう。
キッチン・バスルーム・洗面所・トイレについては、売却を決めた段階で一度ホームクリーニングに入ってもらい、ピカピカにしてもらうことをおすすめします。
まだ住んでいる状態で売却するなら、荷物をできるだけ減らし、空間を確保して広く見せることも大切です。
引っ越し準備も兼ねて不要品は早めに処分し、クローゼットに収まりきらないものはトランクルームに預けるなども検討しましょう。

空き家になっているならホームステージングを検討する

すでに新居に引っ越していて、売却する物件が空き家になっているなら、ホームステージングを検討するのもおすすめです。
ホームステージングとは、家(ホーム)を演出(ステージング)することを意味し、部屋をインテリアや小物で飾ってモデルルームのような空間にすることを指します。
その家にどんな人が住むのかを想像し、ターゲットにあうインテリアで部屋を飾ります。
たとえばビジネスマンの入居を想定するならシンプルでスタイリッシュに、子育てファミリーであるなら子どものおもちゃを配置して暖かみを演出するなど、具体的にイメージすることが成功の秘訣です。
内見に来た人が、「ここでこんな生活がしたい」と思ってもらえるような演出をしてみましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却の一連の流れと、売却活動に向けてどのような準備が必要かをご紹介しました。
不動産売却においては、不動産会社選びと、内見に向けての準備が成功の鍵を握ります。
不動産売却サポート関西(株)でも、大阪市内の不動産売却を希望する方を全力でサポートしております。
「こんな物件も売れるかな」「とりあえず査定金額だけ知りたい」といった方も、ぜひお問い合わせしてみてくださいね!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-061-067

営業時間
午前10時~午後19時
定休日
火曜日 水曜日

売却査定

お問い合わせ