不動産売却で知っておきたい!「土地の譲渡」が意味することとは?

2021-09-07

不動産売却で知っておきたい!「土地の譲渡」が意味することとは?

「土地の譲渡」とは何を意味する言葉なのか、ご存じでしょうか?
不動産売却では、初めて聞く言葉もいろいろとあることが予想されますから、できるだけ理解しておくと役立ちます。
そこで今回は不動産売却をご検討中の方に向けて、「土地の譲渡」とは何か、贈与や相続との違いも踏まえながらご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に正しく理解しておきたい「土地の譲渡」とは?

土地の譲渡とは、「土地を有償で譲り渡すこと」です。
有償とは「受けた利益の代価を支払うこと」であり、売ることと同じです。
つまり土地の譲渡には、不動産売却と同じ意味があります。
「譲渡」と聞くと、無償であるイメージを持ちやすいかもしれませんから、しっかりと覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の意味を持つ「土地の譲渡」と贈与や相続との違いとは?

土地を譲り渡す方法には、譲渡の他に「贈与」と「相続」があります。
大きな違いは、土地の譲渡が有償であるのに対し、この2つは無償であることです。
ただ、無償とはいっても税金がかかることがありますから、注意しましょう。
贈与の場合は、土地をもらった人に「贈与税」がかかります。
110万円以下は非課税ですが、一般的に考えると、土地の金額はそれ以上の可能性が高いでしょう。
また相続の場合は、土地を受け継いだ人に相続税がかかることがあります。
こちらは基礎控除額がある他に、特例が使えることもあるため、課税されない場合もあるでしょう。
このように、一見似たように感じられる3つの言葉には大きな違いがありますから、きちんと把握しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却と同じ意味である「土地の譲渡」の流れについて確認!

土地の譲渡をする際の流れは、以下のとおりです。
1.不動産会社に査定を依頼する
2.査定結果などを踏まえて媒介契約を結ぶ不動産会社を決める
3.媒介契約を結び、販売活動をする
4.買主が決まったら売買契約を結ぶ
5.決済のあと引き渡し
なお、売却して利益が出た際は、譲渡所得税が課税されます。
逆に損失があったときは、他の所得と相殺して節税につなげられます。
ですから売却した次の年は、それぞれに必要な手続きをおこなうために、忘れずに確定申告しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

まとめ

土地の譲渡には売却と同じ意味があり、贈与や相続とは違う点に注意が必要です。
保有する土地を手放すにあたって、言葉の意味や流れについて知識を付けることがスムーズに進められるコツになります。
大阪で不動産売却事業を行っている「不動産売却サポート関西(株)」では、ホームページから24時間、無料の査定依頼やお問い合わせを承っております。
不動産売却に関して何かありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-061-067

営業時間
午前10時~午後19時
定休日
火曜日 水曜日

売却査定

お問い合わせ